今さらという気もしないではないけど、食べる分量を考えて判断する事についてまとめます。

一般的には、放射性セシウムの測定値は、キログラムあたりのBq(ベクレル)数で、表示されます。

当然のことなんだけど、乾燥シイタケ1kgと牛乳1kgと、同じ比較をしてはいけないと言うこと。

シンプルに考えて、一回に食べる・飲む量が違いますよね。

牛乳一回にコップ一杯200リットル飲んだとします。

牛乳200リットル=200グラムじゃないけど、ここはざくっと、牛乳200リットル=200グラムとします。

仮に、キログラムあたり100ベクレルだとすると、(実際には、100ベクレルの牛乳はないです。)

牛乳は一回で、100ベクレル×200/1,000=20ベクレル

わが家にあったどんこ(乾燥シイタケ)は、一袋で50グラムで13個、入っています。当然、一個あたりの重さは3.8グラム

ドンコ(乾燥しいたけ)
↑ 震災前に加工したどんこ(乾燥シイタケ)です。

どんこ(乾燥シイタケ)は、一袋全部食べたとしても、100ベクレル×50/1,000=5ベクレル

実際に食べる量は2枚位だろうから、5ベクレル×2/13=0.76ベクレルと、牛乳20ベクレルに較べて、とっても少ないということがわかります。

0.76ベクレルが安全だとか食べて良いとか言う話ではなく、食べる回数、食べる量を較べて、食品のBq(ベクレル)数を考えて、判断するべきだと思います。

そういった意味では、米、主食、副食、水や牛乳等の飲料、果物、お菓子とかの食べる(飲む)量が多いものを重点的に考える良いと思います。

■ 内部被曝を防ぐ簡単な方法を、7日間メールセミナーで、無料配信中!

無料メールセミナー
2013年4月15日現在読者数1,361人

→ 「内部被曝しないための7日間メールセミナー