モレスキンEvernoteを買ってみた

メモ帳としては高級なのですが、かれこれ5年くらいモレスキン(Moleskine)というノートを愛用しています。

先日、東急ハンズにて、モレスキンEvernoteの実物を見る機会があったので、そろそろモレスキン(Moleskine)更新の必要があるので、購入しました。

モレスキンevernote

震災直後の食品メーカーへの問い合わせとかも、後で確認できるように、モレスキン(Moleskine)に記録しています。仕事以外のメモをとにかく書いています。

モレスキン

モレスキン(Moleskine)は、単なるノートなのですが、

万年筆で書いても裏に字がうつらない、

マス目のノートを選べる、

ポケットに入る、

廃盤の可能性が低い、

という理由で、ずーっと使っています。

いつものモレスキン(Moleskine)と、evernote版との違いをまとめてみました。

・表紙がevernoteをイメージした型押しのデザイン
・ノートを閉じるゴムバンドが緑色

Evernote型押し

・中のマス目が小さなドットになっている

モレスキンマス目

・ステッカーが付属する

Evernoteステッカー

・evernoteプレミアム会員3ヶ月分のクーポン(450円×3=1,350円相当)付き

プレミアコード

・価格は2,560円(通常版は1,890円)

です。

evernoteは、今年に入って子育て記録として使っているのですが、モレスキン(Moleskine)とevernoteは出張に行ったときのノートとかを連携できるかなと考えています。

↓ 子育て記録にこれ使ってます。

値段は高いのですが、僕の場合は、現在のベースでは一年間に一冊くらいなので、モレスキン(Moleskine)を使うワクワク感は値段以上の価値があるのかな。

モレスキン(Moleskine)とevernoteを連携させて見た結果は後ほどレポートします。

そもそもevernote(エバーノート)って、何なのを知りたい方は、こちらをどうぞ。

iPhone版

PC/MAC版