古くなったスマホ・iPhoneをひかり電話の子機にした

携帯電話会社が2年契約なのか2年ごとにスマホやiPhoneを機種変更されている方が多いようですね。

買い替え後のスマホやiPhoneの使い道として多いのは、自宅でwi-fi専用にして、お子さんに与える、のかな。

スピーカーを購入して音楽プレーヤーにしたり、色々と使い道があります。

わが家では、iPhone3GSをNTT東日本ひかり電話の内線電話にしています。

最初に設定した時にはうまく行きませんでした。色々と調べると、二重ルーターであることが原因でした。

色々なメーカーの機器を使っているので、そうなった訳です。

二重ルーターは仕組みが複雑ですので説明はできません!こちらの「二重ルータとは」をご参照ください。

二重ルーターさえ解決できれば、スマホやiPhoneをNTT東日本ひかり電話の内線電話するのは、ほぼ自動的です。

アプリをダウンロードすれば自動的に設定されます。

具体的なやり方については、色々な方がわかりやすくブログにまとめていますので、リンクしておきます。

→ これは便利!NTTフレッツ光の「ひかり電話でiPhoneを子機」にする簡単な方法

→ Androidスマートフォンをひかり電話の子機として再利用する(NTT西日本編)

→ (今更ながら)スマホをひかり電話子機にする

NTT東日本公式ホームページ(わかりにくいです)

NTT東日本でもNTT西日本でも、ひかり電話に加入し、自宅にてwi-fi環境があれば、古くなったスマホ・iPhoneをひかり電話の子機にすることができます。

アプリの詳細(無料)

→ iPhone

→ Android