小麦粉は国産品の比率が低く、生産地も限られているので、産地を確認すれば、放射線のリスクは回避できると言うのが、一貫した僕の考えです。

先日、スーパーで国産小麦粉を見かけて、つい、買ってしまいました。
Exif_JPEG_PICTURE

あらかじめ、産地を確認すれば、計測する必要もないのかもしれませんが、36,000秒で計測し、不検出でした。
パイオニア企画小麦粉測定値

メーカーの産地を確認したところ、産地は長崎県と兵庫県と言うことで、セシウムのリスクが限りなくゼロに近い産地でした。

ツイッター等で繰り返していますが、うどんの小麦粉は「国産」表記がない限り、オーストラリアの小麦が多いです。

なかには、「讃岐うどん」と言う商品で、オーストラリア産の小麦粉が100パーセントというものもあるくらいです。

小麦粉の産地についてはこちらに詳しく書いています。