今年は少しブログ(=このホームページ)を頑張ろうかなと思っています。

アメブロが強制退会になり、こちらのブログをメインブログに変えた訳ですが、放射線以外にも色々と記事に落としていくつもりです。

今日は書籍の紹介です。

放射線は目に見えないし、低線量では五感で感じることが出来ない。

明らかに英語を日本語に直訳したわかりづらい専門用語が多いし、単位も年代によって違うし、わかりにくかったりします。

原子力発電所なんかも、熱を出してタービン回してるだけなんですけど、自分一人が理解する分には何とかなるのかもしれませんが、子供に説明する時には大変な訳です。

そんな時に役に立つ書籍がこれです!

IMG 0239

IMG 0240

僕自身は熟読した訳ではないのですが、偏っていない中立的な立場で、放射能の危険性が理解できる、というのがこの書籍の狙いなのかな。

基本的な知識をこんな感じでわかりやすく説明しています。

IMG 0241

IMG 0242

発電や危険性以外の記述もきちんとあります。
IMG 0243

原子力のサバイバル1 (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ)