群馬県というと、汚染度が高いと一般的に思われていますが、平野部に関しては、意外と汚染のレベルが低かったりします。

具体的な地名で言えば、(元からの)高崎市、(元からの)前橋市、玉村町(高崎の飛び地です)、とかです。

他にもあるかもしれませんが、群馬の地名が詳しくないので、この3つだけとりあえず、あげます。

例えば、汚染度が高いと言われている柑橘類ですが、玉村町で収穫されたみかんを計測してみました。(AT1320による65,000秒計測)

セシウム134の比率が不自然なので、セシウム137の1.21Bq/kgから判断すると、1.65をかけて、約2Bq/kg。

群馬県玉村町みかんの計測値

次はお店で買った前橋市嶺町のりんご。こちらは下限値1.56Bq/kgで不検出(AT1320による65,000秒計測)

こちらは検査結果が不検出だったので、信頼水準を0.997に変更して再計測した結果です。

群馬県前橋市リンゴの計測値

ゼロではないと思うのですが、NaIシンチレーターでは、計測出来ないレベルです。

都道県名だけでの食品検査の公開が風評被害を生んでいると思うのは僕だけでしょうか?

自治体や国の検査結果の公開では、JA単位や詳しい地名の公表をお願いしたいものです。

以上、2012年12月の計測です。

→ 計測器などの環境はこちらをご参照下さい。

無料メールセミナー
2013年4月15日現在読者数1,361人

→ 「内部被曝しないための7日間メールセミナー