高崎市トミーさんの依頼で、群馬県渋川市産の『ファームラボ』という農園のやよいひめ(いちご)を計測しました。

トミーさんからの情報です。

ネオニコチノイド系の農薬は一切使用していませんし、加温(人工的な温度調整)しないで栽培しています。

「やよいひめ」という品種は、一般的には加温栽培で育てます。

人工的な温度調整なし(無加温)で栽培すると、とても甘さと酸味のバランスが取れたすばらしい味のいちごが実るそうです。

以前、計測した美味しい金井さんのいちごが平野部で栽培されているために、季節の関係で栽培が終わったので、『ファームラボ』さんのイチゴを取り扱っています。

計測結果は43,200秒計測して、不検出(ND)でした。
渋川市産やよいひめ

→ 計測器などの環境はこちらをご参照下さい。

こういった計測結果を公開すると、ストロンチウムは測っていないとか、下限値が高すぎるとか、色々な外野の声が聞こえます。

そういった方々は、自分で納得が行く環境で計測されると良いと思います。

世の食品には、色々なリスクがあります。人口放射線もその一つで、食品添加物や農薬などを同じ位置づけで、総合的に判断して、リスクを評価して下さい。(但し、セシウムにはベネフィットはないです。)

無料メールセミナー
2013年4月15日現在読者数1,361人

→ 「内部被曝しないための7日間メールセミナー