汚染の状況を把握するには、できれば同じ場所の農作物と土壌や葉とセットで、何年か継続して放射線を計測すれば、定点的な観測ができます。

自分の環境では実施してきましたが、なんとか高崎だけでもルールを作って、色々な地点の計測を増やしていこうと考えています。

無料計測についても、少し遅れましたがメールセミナー受講者に告知できそうです。

高崎市下之城町の方から提供いただいた柿、葉、土をセットで計測しました。


大きな地図で見る

まずは、柿の果実部分です。

皮を剥いて、みじん切りの状態で、36,000秒(今回は0.95)で計測しました。
Exif_JPEG_PICTURE

結果は不検出です。
高崎市下之城町産の柿

ゲルマニウム測定器ではありませんし、測定の下限値にも限界がありますが、心配な方は自らお金と時間を使って、ゲルマニウム測定器で、ベータ核種とあわせて計測してください。

次回は土壌を公開する予定です。