久しぶりの更新です。

実は、8月から9月にかけて約2ヶ月、海外出張に行っていました。

アメリカとかフランスと言った先進国ではなくて、タンザニアというアフリカ東部の国です。

ダルエスサラーム港だけみると美しい街です。
ダルエスサラーム港

地方のホテルはマラリア防止用の蚊帳が完備しています。
hotel

トイレはこんな感じです。(汚くて失礼です。)
toilet

事前の準備も忙しく、計測から遠ざかり、ブログなどの更新が出来ませんでした。

11月も下旬になり、ようやく落ち着き、久々に測定をしました。

高崎市役所近辺のもてなし広場(旧高崎市役所跡)のあたりの銀杏(ぎんなん)です。

大きな地図で見る

アスファルトの上の銀杏(ぎんなん)をそのまま計測しました。
Exif_JPEG_PICTURE

計測には1リットル必要なわけでして、100均少し大きめのタッパーに詰め、持ち帰りました。
ぎんなんの実

結果は36,000秒計測して、不検出でした。
ぎんなん計測値

僕自身は食品の計測値などのある程度の情報が得られるようになってから一貫して、
1)2011年3月の汚染の影響はわからない、
2)関東での食品の汚染状況は覚悟したよりも軽かった、
3)セシウム以外の汚染はセシウム137等の比率から推定出来る、
4)海産物の汚染は良くわからない、
5)農産物は産地である程度のリスク管理が出来る、
等と主張しています。

この銀杏にしても、不検出ですが、全くセシウム137等の人工的な放射線が含んでいるかというと、ゼロではないと思います。

その点は各個人でリスクの評価をお願いいたします。

無料計測の実施について