最近、ツイッターでは、ニュース・市民測定所の計測を中心に、機械的につぶやいています。

試験的にGIGAZINEのようなサイトの更新をつぶやきましたら、意外と好評でした。パソコン関係のガジェットが好きなので、このブログを使って、試験的に書いてみようかなと思ってます。

最近ではKindle、バッファローとアイオーデータのネットワークディスク、Mac Book Air、携帯用ウオッシュレット、など等浪費しています。

高崎市のトミーさんの依頼群馬県藤岡市にある浦部農園の古代米を計測しました。

浦部農園さん自体が公式ホームページで1ベクレル未満の放射線の計測結果を公開していますが、今回はより精度を高めるために、糠を用意していただきました。

糠と玄米のセシウムの比率は農水省のデータですと、糠:玄米=8:1という事ですが、ざっくり、糠のセシウムは玄米の10分の1位だと思っています。

参考記事
糠(ぬか)と玄米の放射能(セシウム)の比率

今回は、浦部農園さんのコシヒカリ、ササニシキ、低アミロース米の三種類を、それぞれ65,000秒計測しました。
浦部農園コシヒカリ

浦部農園ササニシキ

浦部農園低アミロース込め

3種類ともセシウム137が2.5bq/kg未満で不検出ですので、玄米での換算ではセシウム137が約0.3bq/kgで不検出と推測されます。(ここでは保守的に8で割っています。)

カリウムの値と押し込め方による質量の違いが気になりますので、週末に再計測する予定です。
計測条件はこちらを参照ください。

高崎の方はトミーさんで購入できます。

高崎以外の方は楽天、Amazonで購入ができます。
楽天で浦部農園古代米を詳しく見る。

Amazonで浦部農園古代米を詳しく見る

無料メールセミナー
読者数1,361人

→ 「内部被曝しないための7日間メールセミナー