2014年6月以降は書きたい記事をブログに書いています。

健康、ガジェットレビュー、英語の記事がメインになってまして、雰囲気が変わっています。

自分が関心がある分野です。

特に英語については、流暢ではないですが、20年以上仕事で使ってますが、すべて独学で楽しく学びました。

普通に会話をしている分には完全なジャパニーズ英語なんで、TOEIC900超えているとか思われません!

色々な方とお話をして感じることは、みなさん、英語の勉強し過ぎです。(何冊のテキストを一度になるよりも薄いテキストを何回も復習して完璧にした方が学習効果は高いです。)

勉強を長時間しても、無駄な勉強であれば、実力はつきにくいです。

こっそり、いちばん効果的な勉強方法を教えますね!

英会話(という言葉は嫌いですが)をマスターするいちばん簡単な方法は「自分が言いたいことを覚える」ことです。これにつきます。

殆どの方が信じないのですが、英語が出来る方でも、会合などがある時には、あらかじめ言いたいことをメモして、英語を頭の中で組み立ててから、参加するのです。

英会話関係の集まりがある時は事前に言うべきことを考えます、僕は。

知らない方と英語で話すときなんかは、ペラペラ喋っているように見えるけど、頭の中に言いたいことが事前にインプットされてるんです。

エーって、思うかもしれないけど、初対面の方と話す時の話題は、「相手と自分の共通点を探すためのやりとり」に限られています。日本語でも英語でも同じです。

英語のテキストにあるようなこんなやり取りは絶対しません。

「これはペンですか」
「いいえ、これは消しゴムです」
「どんなスポーツが好きですか」
「テニスです」
「野球は好きですか」
「好きです」
「スキーは好きですか」

とかしてたら、一気に友人を失いますよ!

まずは、自分のことを説明できるようになってから、色々な勉強をしても遅くはないと思います。それが、「自分が言いたいことを覚える」ことなのです。

自己紹介とかのアウトプットの練習としては英会話カフェとかは役に立つかもしれませんね。

まあ、テーマを決めないでお話をする英会話カフェとかは、学習効率低いです。予習も復習も出来ないし、喋ることはお互いに自己紹介だけです。

個人的には、放射線よりも英語の勉強会をやりたいです。

これだけじゃ、具体性に欠けるので何回かにわけて英語の勉強の記事を作ります。

参考まで、

僕が効果的だった勉強法です。
基礎的な文法を学ぶ。
早い英語を聞けるようにする。
日本語から英語に出来る言葉を増やす。

英語が苦手な方に共通する勉強法です。
目で英語を覚える。
会話だけする。
たくさんの教材を使う。

関連記事
VERY 2014年7月号「英語教育、間違っているの?」を読んで子供の英語教育を考えた

キャリアアップのために社会人が語学留学するのはお勧めできない理由