ブログの読者から提供いただきました群馬県前橋市山王町のサツマイモを計測しました。

場所は埼玉よりの平野部で群馬県でも比較的汚染度が低いと思われる場所です。(おおよその場所で、正確な場所ではありません。念のため)。

大きな地図で見る

収穫後、水洗いし、皮を剥いて、天日で乾燥させ、元の質量が2,467gが873gと約2.8倍濃縮しました。

乾燥前のサツマイモ
サツマイモ乾燥前

乾燥後のサツマイモ
サツマイモ乾燥後

計測は信頼水準を0.997と0.95と設定を変更して、それぞれ36,000秒で計測しました。

結果は両方とも下限値以下の不検出でした。(セシウム134の数値は天然の放射性物質の誤検出で福島由来のフォールアウトとは関係がありません。)
前橋サツマイモ0.95

前橋サツマイモ0.997

意外な結果に驚かれる方が多いかとは思いますが、群馬県の平野部は意外と汚染度が低いのです。

この検査では不検出で、しかも乾燥させて2.8倍濃縮されているので、下限値を2.8で割った数字が乾燥前の数字と思われます。

信頼水準0.997 セシウム137が2.14Bq/kg未満は0.76Bq/kg未満と推測されます。

ストロンチウムやプルトニウムなどの他の核種は計測してませんので、心配な方はご自分で計測してみてはいかがでしょうか。