高崎市トミーさんの依頼で高崎市産のピーマンを計測しました。

合併前は群馬県多野郡吉井町という名前で、旧高崎市の南西になります。

群馬県地図(合併前)
吉井町地図

http://www.asahi-net.or.jp/~fx3j-aid/kofun/gunma/gunmap.html

ピーマンを計測するのは初めてで、様々な機関での測定結果を見ても、検出の実績はないようです。

今回も43,200秒計測しまして、不検出でした。
武藤農園ピーマン

下限値はセシウム137が1.80Bq/kg、セシウム137が1.68Bq/kgで、不検出です。

計測条件はこちらを参照ください。

高崎のトミーさんで、武藤農園のピーマンとして販売されています。

計測結果を公開すると、ストロンチウムは計測していない、そもそも群馬の野菜なんか食べたくない、下限値を上げろとか、不快なノイズが聞こえてきます。

福島原発の事故以前も日本国民は微量ながらセシウムやストロンチウムを毎日の食卓から摂取しています。だから安全だとは言うつもりはありませんが、実現な可能なレベルで幸せを求めるのがこのブログのスタンスです。

いつも言っていることですが、そういう方はご自身で納得がいくまで、計測して、安心安全をご自身で確認すればよいと思います。

無料メールセミナー
読者数1,361人

→ 「内部被曝しないための7日間メールセミナー