わが家では時間がある時は僕が料理を作ります。

と言っても、調味料は、厚削り、チョーコーのだし醤油、塩、クレージーソルト位しか使いません。

そのせいか、子供は和食派

マヨネーズ、ケチャップ、マスタードなどは苦手なようです。(クレージーソルトをかけたご飯が好きなのは内緒です。)

今のところは家族も喜んで食べてくれてます。

こだわりは、鍋にあります。

無水料理が出来る無水鍋を18年くらい使っています。

参考リンク

野菜の旨みたっぷり“無水調理”とは?

無水料理では栄養分が逃げないとか色々な良い点があるようですが、僕が強く実感しているのは料理が上手にできるようになります。

ほうれん草なんかも、洗って、加熱して、放置。

こんな感じでほうれん草の温野菜サラダなんかも簡単に作れます。

Miyaco

他のレシピはこちら
→ http://www.miyazaki-ss.co.jp/recipe/geo/004/index.htm

出典 http://www.miyazaki-ss.co.jp/recipe/geo/001/ 

イメージでは圧力を使わない圧力鍋+オーブンです。

例えば、タマネギとえのき茸を水洗いして、鍋に入れて、少しいためて、そのあとは蓋をして、5分くらい加熱して、10分くらい放置します。

こげない、しなしなのタマネギ・えのき茸が出来上がります。牛丼屋さんのタマネギ的な軟らかさです。

そこにあらかじめお湯に通してゆでたしゃぶしゃぶ用の豚肉を入れて加熱して、チョーコーのだし醤油とかで味付けします。

豚丼の具が簡単に出来ます。

カレー、肉じゃが、豚の角煮とかは、飲食店以上のできばえです。

無水鍋は蓋を閉めたまま加熱し、しばらく放置すると気密性が高いのか、蓋が密閉され外れなくなります。

持ち上げても、蓋は外れません!

再加熱すると、蓋は開きます。

無水鍋のブランドとしてはビタクラフトが有名で、わが家にもありますが、日本製のGEOプロダクツの方が価格も安く、おすすめです。

これは独身時代から18年くらい使っていますが現役です。保証期間が15年間と長いのも自社製品にプライドがあるからだと思います。

1e6dd9a75c51cb685453302c4be26f02

E93f2072470a9899c071bad449fb27b3

→ ジオプロダクトのアマゾンの評価はすべての製品が高いです!